数ある脱毛方法の中で、光を当てて脱毛を促す「フラッシュ脱毛」の強みは、肌にダメージを与えることがほとんどないことにあります。電気針を刺して毛根を焼くニードル脱毛や強力な医療用レーザー脱毛では、場合によっては男性が声を上げるほどの痛みがあったり、それに伴うだけの火傷のような炎症がしばらくは見られたりします。この2つは、その強さから永久脱毛ができたり、早い期間で毛が生えにくくするというメリットがありますが、やはり傷や痛みは避けて通りたいものです。皮膚が弱い人も大勢いるので、そのような人にフラッシュ脱毛は支持されています。

その代わりのデメリットとしては、比較的弱い光を使用するため、産毛には効果が見られなかったり、毛が生え代わる周期に合わせて少しずつ毛根を弱らせていくため、全体的な期間としては長くなってしまうことが挙げられます。しかし、光を広い範囲に当てるため、1回の施術は非常に短時間で済みます。なので、急がないことに加えて、土地的な条件が揃っていて通うのが苦にならないのであれば、デメリットとは呼べない問題になります。

脱毛はしたいけれども痛みや短期間でも傷は嫌、時間はかかっても構わないという人にお勧めできるのが、フラッシュ脱毛です。